MENU

最近よく聞くAGAとは?

最近、テレビ番組やCMでAGAと言う単語をよく聞きます。

 

ではAGAとは何でしょうか。AGAとは男性型脱毛症のことです。つまり、薄毛のことです。男性の方で、若い時は髪の毛がたくさんあったのに、年齢を重ねるにつれだんだんと薄毛になる方がいます。これがAGAです。進行の仕方は個人差があります。

 

では、AGAは何が原因なのでしょうか。原因は男性ホルモンの影響です。テストステロンという男性ホルモン酵素により、別のホルモンに変換され、それが髪の成長を抑制するのです。

 

そして、何故、その影響が人によって違うのかというと、考えられているのが遺伝子の影響です。親が薄毛だと、子供も大人になっていくにつれ薄毛になる場合が多々あります。

 

ただ、全ての原因が遺伝子だけにあるとは言いきれません。現に、親が薄毛でも子供は薄毛でない場合もあります。そこで挙げられるのが、環境による要因です。現代はストレスがたくさんあったり、食事が偏ったりと生活習慣が乱れてしまいがちです。これが原因の一つであると今は考えられています。

 

では、このAGAになってしまうと治せないのでしょうか。原因が遺伝子の場合は諦めるしかないのでしょうか。まず、AGAになる可能性は遺伝子検査キットがあるので、調べることができます。

 

また、治し方については、今ではお医者さんで治療することができます。ただし、進行が進んでいないうちに治療を始めた方が効果があるので、お悩みの方は早めの診察をオススメします。