MENU

プロペシアの発毛効果

プロペシアはAGAの治療で最も使用される飲み薬で、海外でも有効的と認められており、日本では厚生労働省によって薄毛の対策に有効とされ認可された医薬品です。

 

有効成分はフィナステリドとなっており、作用機序から5α還元酵素阻害薬に分類され、AGAによって起こる脱毛を抑える薬となっています。

 

脱毛の原因となっているのは毛乳頭の中にある5α還元酵素と、血液から運ばれる男性ホルモンのテストステロンが結びつくことでジヒドロテストステロンとなり、毛母細胞へと移動すると男性ホルモン受容体に結合して毛髪の成長因子を阻害することで、髪の毛が伸びないようになります。

 

細く薄い髪の毛になることで抜けやすい状態となり、髪の毛が生え替わることもなくなることでAGAの状態となります。プロペシアはジヒドロテストステロンの元となる5α還元酵素を阻害することで物質の生成を抑え、AGAが進行するのを抑制することができます。

 

ただし、プロペシアの成分には髪の毛を成長させる作用がないことから、薄毛の進行を抑制できても、発毛や育毛の期待はできない薬となっています。一般病院で薄毛の治療を受けるとプロペシアのみが処方されるので、薄毛を抑えた後に髪の毛を伸ばす方法を別に探さなくてはいけなくなります。

 

プロペシア単体でも抜け毛が収まるので、何もしなくても次第に髪の毛は伸びてきますが、早く髪の毛を伸ばしたいと考えている人は、育毛剤などを用意する必要があります。