MENU

薄毛対策としてAGA治療薬のプロペシアが有効です

若い年齢層の中でも、最近は薄毛が進行している人が増えていると言えます。

 

薄毛で悩んでいるときには、育毛剤などの対策法を試している人も多いと考えられますが、医療機関を受診することでAGA治療薬を処方してもらって、医薬品の力によって改善させる方法もあります。

 

AGA治療薬の代表格としてプロペシアがあり、アメリカの製薬メーカーによって開発された薬となります。AGAが原因の薄毛では、男性ホルモンの影響によって薄毛が進行してしまうことになりますが、プロペシアに含まれているフィナステリドの効力によって、男性ホルモンの働きを阻害できることから、薄毛対策に有効性の高い医薬品であると考えられています。

 

プロペシアは育毛や発毛の効果を促進させる医薬品ではなく、薄毛の原因となるDHTという男性ホルモンの効力を阻害することで、髪の毛が抜けやすくなったヘアサイクルを通常どおりに戻す治療薬と言えます。

 

プロペシアは薄毛対策の万能薬というわけではなく、医薬品である以上、一定の副作用が発症する可能性もあります。また、プロペシアを服用する治療法は、毎日薬を飲み続けなければならず、最低でも6か月間にわたって継続する必要があります。

 

プロペシアを服用する治療は、1日あたりにつき1錠の服用が必要になりますので、経済的な負担についても考慮しておくことが大切です。

 

一定の効果が得られた場合であっても、服用を途中で中止してしまったときには、再びAGAが進行する可能性がありますので、自己判断で服用を止めることができない点もしっかりと把握しておく必要があります。